2018年01月20日

たまりばウインターショー2018


初参加のたまりばウインターショー、無事終了しました+゚。*(*´∀`*)*。゚+


この企画は、

障害を持った方達が、打ち合わせを重ね、半年かけて一生懸命温めてきたイベントです。

みなさんで作り上げていくイベントへの情熱に心打たれて、今回ボランティアで参加させていただきました。

生徒さんとのデュオ、サックスの広瀬さんとのトリオ、演奏バッチリでした〜るんるん
さすが、本番に強い生徒さんexclamation×2



イベントの中で、

サックスの広瀬波子さんへの質問コーナーというものがありました。

その中の一つに、

「障害を持っているからって結婚をあきらめたくない!」

と書かれた意見がありました。


(波子さんが回答するコーナーだったので、私はこちらのブログで回答してみようと思います。)


実は、私の兄は重度の障害があり、歩くことも話すことも、自分の意思で何も出来ずに寝たきりで過ごしています。


せめて話が出来たら、

せめて歩けたら、

せめて自分で食事ができたら、、


さまざまな妄想を今まで何度もしてきましたが、

私にとって兄は「兄」であり、

「障害を持った兄」ではありません。


人は、今の自分に足りないものを求め続けて生きていると思いますが、

健康に生まれても、

病気にかかっていても、

障害があっても、

それはその人の一部であり、

自分を受け入れて、自分の力で精一杯生きるだけだと思うんです。


まずは、今の自分を認めてあげる事が良いのではありませんか?

と、いうのが私の意見でした。


人と比較して、何か良かったことって、たぶんあまり無いと思うんです。

自分に足りない事をまず探すより、持っている自分の強みや長所を見て生きていきたいですね。


ウインターショーに出演された皆様、輝いてました☆☆☆☆☆☆

私、好きだな〜〜♪

image1.jpeg


この企画が大きくなっていきますように!


生徒さん、お声がけありがとうございました。
posted by rumi at 17:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記